TOEIC x 中国でのTOEIC(R)受験

TOEIC(R)を受験してきました。

990toeic.com勉強会で使用した資料の一部

詳細な報告は990toeic.com勉強会にて報告させていただこうと思いますが、備忘録を。

  • 申込期限は試験日の約一か月前。成績発表は試験日の2週間後。
  • 受験票をダウンロードできるまで試験時間がわからない。その受験票をダウンロードできるのが試験日の一週間前(試験日の予定が立たない)。
  • 支払いは支付宝OK
  • 試験会場は北京語源大学の教2楼。最寄り駅は五道口。
  • 8:30開場、9:00試験開始。
  • 受付はかなり厳しめ。試験会場入場の際に身分証と顔写真を一人ずつ撮影される。
  • シャーペンはNG。筆記用具の貸出なし。
  • 鉛筆と消しゴム以外の持ち込み禁止。当然スマホの持ち込みも禁止。透明ビニールの筆箱ですら持ち込めなかったのには驚いた。
  • 国コードや言語コードはプロジェクターで映し出される。中国人の他に日本人と韓国人が受験していた模様。
  • 身分証を持たない外国人はIDENTIFICATION NUMBERの欄の記入に迷う。当日の試験官に聞いたところ、パスポート番号の最初の二つの英文字を除いた数字を記載しろ、とのことだがこれが正しいのかどうか不明。
  • ナレーションは当然中国語。

試験場所の語言大学教二楼。

会場前のポスター

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする