弁理士試験 x 平成30年度弁理士試験論文式筆記試験(特許・実用新案)

今年の弁理士試験(特許・実用新案)、【問題1】のPLTには驚いたが、それ以外は素直な問題(素直すぎて、余計なことを書きすぎてしまいそうになる問題)。PLT以外は難易度的には平年並みかな。

【問題1】
1(1). いきなり特許法条約(PLT)に面食らう。自分が受験生時代の15年前にもPLTが存在はしていたが、日本が入ったのが一昨年くらい。概要は知っていたが、きちんとキャッチアップしていなかったことを反省
1(2). 普通の問題。翻訳文の提出は必須。
1(3). 多肢試験の延長線上の、29条の2の問題。

2. 職務発明の問題。実務を知っていれば素直な問題。

【問題2】
(1) 「正しいか否か、理由を付して説明」といった問題形式は15年前にはなかった。利用関係の方向さえ読み違えなければ簡単な問題。
(2) 素直な問題すぎて、「何か特例でもあるのか?」と勘ぐってしまう問題。結局特別なことは何もない普通の問題。
(3) (2)と同じく何か別のことを問われているのか?と不安になる問題。普通に解答すればよいとのこと。
(4) 102条1項、2項、3項それぞれを問われている問題。受験生時代のレジメに乗っていたような気が、、、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする