TOEIC × アルコール

以下、あくまでも個人的な見解であり、内容が正しいかどうかは確認していない。

一般的にアルコールが入ると勉強はしない。しかし私はこれに対してアンチテーゼを呈する。以下の点で酒を飲んでもある程度は勉強はできると考える。

  1. 通常の学習環境とは異なる環境下での知識取得となり、この際の記憶に使っている脳細胞は通常の脳細胞と異なるので空き容量が多い?
  2. アルコールをとるとリラックスでき楽しい気持ちになる。その楽しい気持ちの時に得た知識は忘れにくいはずだ?
  3. TOEICを勉強をしている仲間と飲む酒は良い。お互いに問題を出し合うなどすれば効果は抜群?

TOEICの学習においてワークアウトすることは最重要だ。しかし、通常と異なる環境で学習することによる記憶の多様化も可能だと考える。ラクして勉強することや「~ながら勉強」を勧めているのではなく、「異なる環境下での訓練」と考えていただくと良い。一考されたい。

今日のキーワード:アンチテーゼ→Antithesis

wine

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする